留学

英語が全く話せないまま留学した結果どうなった?【長期留学体験談】

※アフィリエイト広告を利用しています。

あり

26歳/ホテルマン/留学3回経験あり/旅行した国21か国 大学入学時TOELC300点→卒業時TOELC800点に進化 ❁留学で【消極的】から【どんどん好きなことに挑戦したい】性格へ変化

留学には興味がある!でも、「英語話せないけど大丈夫かな?」「ちゃんと授業についていけるかな?」と悩んでしまう方は、たくさんいるのではないでしょうか。実際、留学について相談をうけるときに友人にもそんな質問をたくさん聞かれました。

わたしも自身も長期留学に行ったときは、まったく英語が喋れずの状態で、まさに「行ったらどうにかなる精神」(笑)学生の頃のわたしは遊びに夢中で、努力を本当にしませんでした。

英語に自信がない人には必見!英語を話せないまま留学をするとどんな結果になるのか、どれだけ英語が身についたのかを、私の経験をふまえて包み隠さずお話しします!

 

①英語を話せないまま留学はできる?

結論、もちろん問題なくできます

失敗してもいいのです。それすら、わたしたちにとっては今後の成長の糧になります。

それよりも、行く決断に時間をかけたり、留学に二の足を踏んでしまう方が、とてももったいないです。英語力で留学について悩んでいる方がいたら、わたしは「絶対行った方がいい」と自信を持って伝えたいです。

②友達はできた?

たくさん出来ました!留学を終えて5年経った今でも、定期的に連絡をとっています。日本人の友達のように頻繁に会える訳ではないですが、日本に来たり、わたしがヨーロッパに行った際に会っています。

でも英語話せないのに友達できるの?て思う方いますよね?

大丈夫です。単純な単語、ぼろぼろの文法で英語を話しても、理解しようとしてくれる人は想像よりもたくさんいます

とにかく英語から逃げない!というのが1番大事です。

③留学は成功した?

一般的には大成功とはいえない思いますが、1年間の留学生活は一瞬で、とっても楽しかったです!

もちろん、失敗や後悔もたくさんありますが、それよりも得たものの方が大きかったです。失敗や後悔も全部を含めた留学の経験が、今のわたしに繋がっているのを社会に出てから日々感じています。

1年間の留学生活をやり切ったというだけで、十分に自分を褒めてあげましょう!

2. 留学後の成果

①英語は話せるようになったのか

かなり話せるようになりました

話せるの基準は人によってそれぞれだと思いますが、わたしの場合は、友達と問題なくコミュニケーションを取ることができるようになったので話せるようになったと言っています。

一般的には、行ったからといって英語を話せるようになるわけではないという意見があり、日本でも英語は学べるとよく言われますよね。ですが、個人的には、英語を話さなきゃいけない環境に飛び込む方が簡単に英語力を向上させることが出来ると思います。

もちろん日本人とだけ時間を過ごし、日本語だけを話していればまた別ですが(笑)

②TOELCの結果

入学当初、300点だったTOELCの結果は、留学後には800点までもっていくことができました。ですが、ここまで大きく点数を伸ばしたわたしですが、実はあまり努力した記憶はありません。留学生活において、英語を勉強することは当たり前で日常だったからです。

留学に行く前は、英語に対して勉強をしなきゃという気持ちが強かったので、気が進まないことが多かったので、勉強嫌いだったわたしは留学に行かずに英語を取得することは難しかったかもしれないです。

③帰国後の心の変化

わたしは長期留学前にも、結構な頻度で海外旅行にいっていたので、人生が変わった!という程、大きくカルチャーショックを受けることはなかったです。

ですが、1年間の留学を経て変化したこともあります。多国籍な文化も育ちも違う人たちと生活をして、新たな考え方や価値観を知ることで視野が広がりました。留学前は日本中心で世界を見ていましたが、今では他の国からの意見などを知った上で物ごとを判断をするようになりました。

3. 英語が話せなくて辛かったこと

英語が話せなくても、留学に行くことは可能と皆さんに伝えたいわたしですが、正直にいうと辛かったこともあり、英語を勉強せずに行ったことに後悔を感じたこともあります。

① 授業が全くわからなかった

わたしは語学留学ではなかったので、大学の通常の授業を履修する必要があり、日本の大学で単位交換が可能な政治・環境・心理学などの授業を選んでいました。

話に出てくる英単語も知らないものだらけ、最初はまったく先生の話していることが聞き取れず、授業についていくことが出来ませんでした。もうパニックですよね(笑)そのときに初めて、留学前に英語を勉強しなかったことを後悔しました。

② 周りに対してコンプレックスを感じる

わたしの留学先のノルウェーに来ている留学生は、ヨーロッパ人が圧倒的に多かったです。ほとんどはノルウェー語も話せないので、英語での会話が必要でした。同じように英語を話せない人がいると思いきや、みんな英語がペラペラ!英語に苦戦しているのは、日本人だけでした、、、。わたしは負けず嫌いなので、本当に悔しかったですし、友達とうまくコミュニケーションを取れないことを恥ずかしくも感じました

③ 人より努力が必要

ここまで読んでくれた人ならわかりますよね?英語を話せずに留学に来ると、やはり現地で人一倍の努力が必要になります。留学中は誘惑が多く、友達に誘われて遊んだり、旅行をしたりととにかく忙しいですが、授業についていくための自習や試験勉強に時間がかかります。留学中は遊びすらも経験や勉強になるので、遊んじゃだめとは言いません。ですが、誘惑に負けずに遊びと勉強の時間を自己管理することは必要になってきます。

4.留学までにできること

英語を話せないまま留学に行くのは可能です!ですが、わたしの経験から正直にいうと、より充実した留学生活を送りたい人にはやはり留学前の英語勉強が必要不可欠だと思っています。

もちろん、海外で英語を使って過ごすだけで英会話はかなり上達します。ですが、ゼロからのスタートだと、英語を話すことへ慣れるだけの成長にとても時間がかかります。その時間を省くためには、しっかりとした準備を日本でしていくことが重要なのです。

留学から帰ってきて最初に思ったのは、留学前にもっと英語を勉強すればよかった-!です。みなさんには、そんな後悔をしてほしくないので、より留学の質のいい留学生活を送りたい人は十分な準備をおすすめします!

5.留学したいけど、英語に悩む人へ

ここまで全部読み進めていただき、ありがとうございます!「英語力ゼロでも留学は可能!でも、事前に勉強をするのをおすすめ!」と書いてきて、え??結局どっちなの??って思った方。わたしが伝えたいのは、「英語力ゼロでも留学は十分楽しめます!」で間違いないです。わたしの経験より、事前に勉強をしていくことで成長の速度は変わることは書きましたが、なにより大切なのは、英語力が心配で挑戦をやめたり、踏み出せない人がこの記事を読んで留学に行くことを前向きに思ってもらうことです。

留学で得られるものは、英語力だけではないです!今まで生きてきた世界よりも広くて多くの異文化に触れて生活するので、自分の考え方や、視野を広げる機会になります。英語はあくまでもその手段なので、英語力の心配だけで留学に踏み出せないのはもったいないです!英語で過ごすうちに最低限の英語力は身につくので、あまり心配しすぎないでほしいです。

英語力ゼロで留学生活をスタートしたわたしが断言します!もし興味があるのならば、留学は挑戦する価値ありです!楽しいばかりでなく、辛くしんどい時もありますが、全てはわたしたちが成長するチャンスです!

他にも不安なことがあれば、ぜひ相談してください!1人でも多くの人が、留学を楽しめるように祈ってます。

あり

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あり

26歳/ホテルマン/留学3回経験あり/旅行した国21か国 大学入学時TOELC300点→卒業時TOELC800点に進化 ❁留学で【消極的】から【どんどん好きなことに挑戦したい】性格へ変化

-留学