留学 英会話

留学中に英語が話せないと起きるつらいこと【英語力ゼロだった結果】

※アフィリエイト広告を利用しています。

あり

26歳/ホテルマン/留学3回経験あり/旅行した国21か国 大学入学時TOELC300点→卒業時TOELC800点に進化 ❁留学で【消極的】から【どんどん好きなことに挑戦したい】性格へ変化

 

留学の準備を進めていると、「英語話せないけど大丈夫かな?」「ちゃんと授業についていけるかな?」と考えてしまいますよね。

実際、友人から留学について相談をうけるときにも、留学前の英語力について何度も聞かれました。

わたしが長期留学に行ったときは、実はまったく英語が喋れずの状態で、まさに「行ったらどうにかなる精神」(笑)

けれども、待ち受けていた現実はそこまで甘くありませんでした・・・。

留学生活で英語を話せないせいで、つらいことが何度かありました

しかし、留学前にしっかりと準備していればつらいことはできる限り回避することができます

この記事では私の経験をふまえて、実際にあったつらいこと・留学前にできることなどを包み隠さずお話ししていきます!

\全員がプロのネイティブ講師!/

留学中に英語が話せないと起きるつらいこと

留学前の英語力は必須ではありませんが、留学生活中に英語が話せないまま留学に行き、正直度もらいこがありました。

授業が全くわからなかった

わたしは大学の交換留学で、ノルウェーの大学に1年間滞在していたので、日本の大学で単位交換の為通常の授業を履修しなくてはいけませんでした。

なので、日本でも履修していた国際政治・環境・心理学などの内容を英語で受けられる講座を履修していました。

しかし、最初は先生の授業を全く聞き取れなかったです。

せっかく留学に行って、授業を受けているのに理解ができないことが悔しくてつらかったのを今でも覚えています。

最初はまったく授業がおもしろくなく、授業に行くのも嫌でした

周りに対してコンプレックスを感じる

わたしの留学先のノルウェーに来ている留学生は、英語がネイティブではないヨーロッパ人が圧倒的に多かったです。

ほとんどはノルウェー語も話せないので、英語での会話が必要でしたが、同じように英語を話せない人がいると思いきや、みんな英語がペラペラ!

英語に苦戦しているのは、わたしだけでした

優しい友人はつたない英語でもたくさん話してくれましたが、うまく返事すら出来ない自分の英語力が恥ずかしくて、つらかったです。

人より努力が必要

英語を話せずに留学に来ると、やはり現地で人一倍の努力が必要になります。

留学中は誘惑が多く、友達に誘われて遊んだり、旅行をしたりととにかく忙しいですが、授業についていくための自習や試験勉強に時間がかかります

留学中は遊びすらも経験や勉強になるので、遊んじゃだめとは思いません。

ですが、誘惑に負けずに遊びと勉強の時間をそれぞれ確保しなくてはいけないのがつらかったです。

友達の話に入れない

英語が出来なくても友達を作るのと、コミュニケーションを取ることは実際できます。

とはいえ、集団のなかでは早いテンポの話についていくことができず、発言もできないと悲しくなってきます・・・。

話の内容が分かっていないのがわかると解説をしてくれる友人もいましたが、話に入れずに置いていかれてしまうこともありました。

英語イヤイヤ期が来る

英語に慣れていないなか、いきなり英語に囲まれた環境だと英語が嫌になる時期があります

わたしも、急に英語のイヤイヤ期がはじまって、一瞬引きこもりになりかけました(笑)

英語は上達してきたものの、英語にストレスを感じて英語を話したくなくなってしまい、お部屋にいることが増えたのです。

英語が嫌になるだけでなく、留学中なのに英語を避けてしまう自分にもストレスを感じて、つらかったです。

あり
引きこもる罪悪感をなくすために、なぞに英語で日本のアニメを見てました(笑)

【留学中に英語が話せないとつらい】英語話せないと留学できない?

留学中に英語が話せないとつらいことは多々あります

ですが、英語が話せないと留学できない・しない方がいいわけではないです!

留学は英語が話せなくても可能です!失敗してもいいのです。それすら、わたしたちにとっては今後の成長の糧になります。

それよりも、行く決断に時間をかけたり、留学に二の足を踏んでしまう方が、とてももったいないです。

英語力で留学について悩んでいる方がいたら、わたしは「絶対行った方がいい」と自信を持って伝えたいです。

とはいうものの、わたしは事前にもっと勉強すればよかった思ったこともあります

出来るだけみなさんが同じ後悔をしないように、わたしが英語を話せないまま留学をした結果をさらに詳しく紹介していきます!

【留学で英語が話せないとつらい】成果

英語が話せなくて留学は可能とお話してきましたが、わたしも英語が話せないまま留学を1年しました

つらいことも多々ありましたが、それでも1年の留学生活で得た成果を紹介していきます。

英語は話せるようになった?

話せるようになりました

話せるの基準は人によってそれぞれだと思いますが、友達と問題なくコミュニケーションを取ることができるようになれば英語を話せるといっても言いと思います。

一般的には、行ったからといって英語を話せるようになるわけではないという意見があり、日本でも英語は学べるとよく言われますよね。

ですが、個人的には、英語を話さなきゃいけない環境に飛び込む方が簡単に英語力を向上させることが出来ると思います。

もちろん日本人とだけ時間を過ごし、日本語だけを話していればまた別ですが(笑)

TOELCの結果はあがった?

入学当初、300点だったTOELCの結果は、留学後には800点までもっていくことができました。

ですが、ここまで大きく点数を伸ばしたわたしですが、実はあまりTOELCのための勉強はあまりしていません。

留学生活において、英語を勉強するだけでここまでスコアがあがりました。

900点以上を目指すには、TOELC対策が必要ですが、800点ぐらいまでは英語が話せるだけでとることは可能です。

友達はたくさんできた?

みなさんも、英語が話せなくても友達ができるか気になりますよね。

結果は、英語が話せなくとも友達をつくることは可能です。

留学を終えて5年経つ今でも、連絡を取り合う友達がたくさんいます!

英語がつたなくても、あなたと話したい!という姿勢を見せれば、理解しようとしてくれる友達は必ずできます。

英語力を気にするよりも、まずは積極的に話しかけようと頑張ってみてください。

【留学で英語が話せないとつらい】英語が話せるようになる人の特徴

留学中は、英語力がめきめき上がる人と、まったく変化をしない人にわかれます。

では、留学中に英語力がめきめきあがる人の特徴はどんな点なのでしょうか。

目標を持っている

なんとなく英語を話したいな~ぐらいな気持ちだと、目標を持って英語を勉強している人には追いつけません。

例えば、TOELCの勉強でも、満点を取りたい人ととりあえずいい点数を取りたい人では勉強方法が違いますよね。

目標がある人は、先を見据えて逆算して勉強をしているので、英会話の上達のスピードが全然違います

行動力がある

英語力がめきめき上がる人は、とにかく行動するのです。

ボランティアをしてみたり、イベントに参加してみたりとしていると、人と関わる機会が増えていきます。

ただ授業をうけるだけでは、英語の上達はスローペースなままなのです。

留学方法が適している

様々な留学方法があるなか、自分にあった留学方法でないと、英語の上達に影響します

例えば、英語を話せるようになる!が1番の目標なのに、多くの日本人が参加する留学プログラムに参加しては意味がないですよね。

どんな留学方法があるかわからない人は、まずは様々な留学を比較したり、プロに相談してみたりするのがいいと思います!

事前に英語の勉強をしていた

留学前に英語力ゼロだったわたしと、留学前から英語を勉強していた友人とでは英語力の伸びに大きな差がありました

英語に既に慣れていた友人は、最初から友達も多く、早い段階からめきめきと英語力が伸ばしていったのです。

【留学で英語が話せないとつらい】英語が話せない人の特徴

留学中に英語力がめきめき上がる人には3つの特徴がありました。

  • 目標を持っている
  • 行動力がある
  • 留学方法が適している

では、逆に英語が話せないままで留学が終わってしまう人の特徴はどんな点なのでしょうか。

留学中英語の勉強しない

留学中は、英語を話す機会が多いので、生活をしているだけで英語が話せるようになることも可能です。

しかし、アウトプットだけを続けた場合、どんなに英語を話し続けたとしても英語のレベルはあがりません。

わたしも、遊びを優先して英語の勉強をしなかった時期は、英語の上達がとても遅かったです。

英語を話せる環境があるのならばもっと文法や単語のインプットも頑張ればよかったと反省しています。

自ら行動しない

留学中に英語が話せない人は、自ら行動をしない人が多いです。

留学環境は人それぞれですが、友達作り、英語を話せる環境、などなにもかもは自ら動かないと手にはいりません。

しかし、海外に行けばどうにかなると思ってしまっている人もいますよね。

そんな人は、機会を待っているだけで英語も話せないまま留学が終わってしまいます

周りの環境が悪い

留学は自ら動かないといけないのは間違いありません。

しかし、人によっては本当に留学環境に恵まれない人もいるのです。

ホームステイ先の家族がまったく話してくれない、日本人での授業しかとれない、などあります。

なので、このようなことを避けるには、留学方法をきちんと見極めることが必要です。

 

留学を見積もってみるなら・・・
  • 手数料無料のサポート
  • 出発前英会話レッスンが無料
  • 帰国後の英会話レッスンも1年間無料
  • 現地オフィス利用が無料

 

【留学で英語が話せないとつらい】乗り越える方法

留学は英語が話せないと、必ず最初につらい期間があります。

もちろん、わたしも最初はそうでした。

次はそんなわたしが、留学中英語が話せなくてつらい時期を乗り越えるために必要なことを紹介していきます。

日本人でも友達をつくる

日本人とだけ関わるのはあまり良くないですが、慣れない土地で日本人の友達がいるのはとっても心強いです。

英語が話せない中で、英語だけの生活を過ごすのはかなりストレスを感じてしまいます

そんな時は無理せず、日本語に甘えて、日本人と楽しく過ごすことで息抜きをするのも大事だと思います。

なるべく何でも参加する

留学初期は、色々なイベントに参加してみましょう。

ホームパーティーでも、地域のイベントでも、大学のイベントでも、人との繋がりを作れるチャンスはどこにでもあります。

最初に友達をつくることができれば、留学生活も格段と楽しくなります!!

コツコツ英語勉強

英語力ゼロで留学に来てしまったら、ひたすら勉強して自信をつけるしかないのです。

他の人をうらやんでいるだけでは、英語は上達しません。

人と比べる前に、自信を持てるだけの努力をしましょう

こんな偉そうなことを言っていますが、これは過去のわたしへ向けた言葉でもあります(笑)

英会話勉強方法はこちらの記事をチェック!

 

たくさん自分を褒める

普段と違う環境で、友人も少ない留学中はとってもナイーブになりやすいのです。

そんなときは、自分のことをたくさん褒めてあげてください

どんな些細なことでもいいです!今日も英語の授業を乗り切ったわたしすごい~!!でもいいです!

英語が話せなくても留学に挑戦して、新たな環境で生活しているだけで本当にすごいことなので、毎日自分を褒めてあげましょう!

【留学中に英語が話せないとつらい】留学までにできること

英語を話せないまま留学に行くのは可能です!

しかし、わたしの経験から正直にいうと、より充実した留学生活を送りたい人にはやはり留学前の英語勉強が必要不可欠だと思っています。

もちろん、海外で英語を使って過ごすだけで英会話はかなり上達します。

ですが、ゼロからのスタートだと、英語を話すことへ慣れるだけの成長にとても時間がかかります。

その時間を省くためには、しっかりとした準備を日本でしていくことが重要となります。

おすすめは、文法の勉強などより、英語を話す練習をして英語に慣れておくことです。

オンライン英会話

近年オンライン英会話は、種類も増えているので競争が激しく、値段もかなり安くなっています。

数が多いので、自分の勉強頻度や予算に合わせてどこのオンライン英会話を使うかを決めることが可能です。

しかし、実際に体験しないとわからない部分も多いので、無料体験をできるところで体験をしてから申し込むのがおすすめです!

ネイティブキャンプ

こんな人におすすめ!

  • 短期間で英語を習得したい
  • 気分屋だから予約がめんどくさい
  • とにかく安くレッスンを受けたい

オンライン英会話業界初の予約無しでレッスンを行っているのがネイティブキャンプ

短期間でも、相手の意志を理解出来、自分の意志を伝えられるように作られたカリキュラムのもと、自分のレベルにあったレッスンがうけられます

スマホでも受講が可能なので、思い立ったときにレッスンを申し込むことができます。

定額でレッスンを受け放題なので、レッスンを受ければ受けるほどお得というコスパ最強のオンライン英会話なんです!

EFイングリッシュ

こんな人におすすめ!

  • 世界最大級の信頼の高い授業を受けたい
  • ネイティブと英語を話して、使える英語を身につけたい人
  • 朝早くや夜遅くにしか時間がとれない人

世界120ヶ国で展開されているEFイングリッシュライブは、1,200以上のグローバル会社からも語学研修で利用されるほど実績のあるオンライン英会話です。

実は、EFイングリッシュライブは講師全員がネイティブなので、24時間いつでも自然な英語を勉強することができちゃいます!

Cambly

こんな人におすすめ!

  • マンツーマンレッスンに自信がない人
  • 他国の英語学習者とも交流をしてみたい人
  • 留学環境により近い形で英会話練習をしてみたい人

世界150か国以上の受講者とともに、最大3人の少人数でグループレッスンを受講できるのがCamblyです。

好きなテーマを選び、他国の英語学習者と会話するという実践的なレッスンなので、留学環境により近い方法で英語を話す練習ができます

専用のカリキュラムやオンライン教材も無料で活用して自習も可能なので、インプット・アウトプットを繰り返すことが可能となっています。

【留学中に英語が話せないとつらい】必要な英語力

実際には、留学に行く前にどのくらい英語力があったらいいのでしょうか

  • TOELC
  • TOEFL iBT
  • IELTS

留学条件は、国や大学によって上記の様なテストのスコアの提出が必須です。

合格点は、大学によって様々なので、留学を決めたら必要なスコア取得に向けて勉強が必要となります。

なので、留学を決めたら出願にどの程度の英語力が必要なのかをまずは調べましょう!

こちらのHPを参考にしています。

まとめ:留学中に英語が話せないとつらい

ここまで全部読み進めていただき、ありがとうございます!

「英語力ゼロでも留学は可能!でも、事前に勉強をするのをおすすめ!」と書いてきて、え??結局英語力ゼロで留学は可能なの??どっちなの??って思った方。

結果は、「英語力ゼロでも留学は可能です!」で間違いないです。

しかし、英語が話せないせいでつらかったこともたくさんありました

  • 授業がわからない
  • 周りに対してコンプレックスを感じる
  • 人より努力が必要
  • 友達の話に入れない
  • 英語イヤイヤ期が来る

英語が話せないままスタートしたわたしの留学は楽しく終わりましたが、つらかったことは事前に英語を勉強していれば避けれていたことばかり

なので、留学までに時間がある方は英語にある程度慣れていくことがおすすめです。

英語に慣れていくだけで、留学生活ががらりと変ります!

せっかくの留学なので、事前に英語勉強に挑戦してみるのもいかがでしょうか?

 

あり

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あり

26歳/ホテルマン/留学3回経験あり/旅行した国21か国 大学入学時TOELC300点→卒業時TOELC800点に進化 ❁留学で【消極的】から【どんどん好きなことに挑戦したい】性格へ変化

-留学, 英会話